昔と現在の法人名刺の違いについて

ビジネスで名刺は非常に重要なものですが、古くから使用されているものでも時代の流れにより大きくその記載内容が変化しているものです。一見その違いは分からないものですが、古い形式のままに利用していると思わぬところで不利な状況になってしまうことも少なくありません。効果的にそのメリットを生かすためには、現代における法人名刺の適切な形式や記載方法を知るとともに、古い形式との違いを知り効果的に利用することも重要になります。特に国際化するビジネスの世界ではその違いをしっかりと把握していないと適正な商談が出来ない場合も多いため注意が必要です。有効なビジネスツールとしての利用価値が高い反面、最大限にその価値を活かせるようなものにしておかないと取り残されてしまう事にもなってしまうので注意が必要です。

メールアドレスやURLは必須です

現代の法人名刺の大きな特徴は、メールアドレスや会社のURLを表記することです。従来は連絡手段としては電話が主流であったため、電話番号を記載しておくことが非常に重要でした。そのため会社の代表番号だけでなく、直通の電話番号を記載し連絡しやすいようにするのが主流でしたが、最近ではメールを利用して顧客と連絡を取ることが多いため、メールアドレスの記載は必須となっています。さらにコンプライアンス等の問題もあり、電話番号を不特定多数に知らせることは好まれない風潮にばかりでなく、情報管理に疎い会社である印象を持たれてしまうことも増えており従来の様な直通の電話番号を記載することは殆ど無くなる風潮にあります。また、企業のURLを記載することで企業のイメージを知ってもらうためには非常に有効な手段となります。

名刺管理がしやすい標準文字を使用する傾向があります

従来の法人名刺は顧客に名前を憶えてもらうことが大きな目的であったため、特長のある苗字や名前を前面に押し出して記載することが多い物でした。読みにくい文字に振り仮名を入れるなどの工夫をしたりする場合も多く、個性的な名刺が重用されていました。しかし最近では名刺管理ソフトを利用する所が増え、一元的に管理をするケースが増えています。その為、特殊な文字は嫌われる傾向にあり、出来るだけ管理ソフトで管理しやすい文字を利用する傾向が有ります。管理ソフトが読み込めない文字の場合には管理対象から外れてしまい、連絡を取りにくくなる傾向が有るのです。その為、管理ソフトが管理しやすい文字に敢えて変換して作成したり、ひらがなを使用するなどの工夫を行い、顧客の管理システムに登録しやすくする傾向があるのです。

システム利用料0円!ランニング費用は掛かりません。 名刺発注に関するお問合せを常駐カスタマーセンターにより迅速にご対応、ご解決致します。 社内でお使いの購買サイトとの連携が可能です。 全国直送可能!要望に沿った仕分け・梱包にてお届け。 名刺原稿データのインポート・エクスポート機能により一括での登録・変更が可能です。 全国配送一律400円にてお届け致します。 法人名刺cyber netが承ります