ネットを利用して簡単に法人名刺を作成

法人名刺を頼むメリットは、一度に必要な社員の名刺をまとめて発注でき、すぐに印刷してもらえることです。新入社員が多い新年度や人事異動のある時期にも、対応してもらいやすく、昼頃までに入稿して発注すれば、当日中の作成や発送も可能な会社がありますし、距離によっては、翌日までに配達されるケースもあります。本社と支社を合わせて一括発注も可能ですし、支社や営業所で依頼できます。また、同じ社内でも、比較的枚数が必要になる営業部などの部署単体で発注や追加印刷を依頼することも頼める場合があります。まとめて依頼できるため、割引率が高くなりコストを削減することも可能になります。比較的大きな会社に向いていると言えるでしょう。特に、ネットの印刷業者を利用すると、担当者との面談も必要なく、デザインを確認しながら作成できますので、依頼するまでの時間を短縮したい名刺作成の担当者にも向いています。

ネットで頼む時には何が必要になるか

法人名刺を作成するには、インターネット上で自由にデザインを決められます。接続可能であれば、サイトの専用のソフトから、テンプレートを選び、デザインやレイアウトを確認しながら、文字データを入力したり、必要事項を適宜決めたりできます。企業のロゴマークやキャラクター等のイラスト、従業員の顔写真を入れたい場合には、特定の描画ソフトの画像ファイルが必要なこともありますが、ワープロソフトの形式でもアップロードして入稿することも可能です。また、社員の個々のデータは、差し込み印刷で印刷するため、表計算ソフトで一覧表にまとめて入力し、ファイルにしてアップロードできます。印刷会社によっては、データを保存する際のテキストファイル形式のCSV形式でないと対応が難しい場合がありますので、表計算ソフトで保存する際にCSVファイルにするように気をつけてください。

個人情報やデータをインターネットで送信するのが不安な場合

インターネットで法人名刺を依頼する場合、社員の情報をまとめた一覧表や、名刺作成のデータをネット上で送るのが不安になる方もいると思われます。発注する際には、発注元の企業で会員登録をして、IDやパスワードを使ってログインすることで、暗号化送信の対策をしたサイトから発注やアップロードが行えますので、過剰に心配することはありません。心配であれば、セキュリティソフトを常に最新の状態に更新して、担当者以外の人物にパスワードが漏れないように管理の仕方に注意をするのが最善の方法となります。発注履歴等は会員専用のホームページで管理され、次回に同じ名刺を追加発行する場合に、再注文の依頼するのにも手間がかかりません。インターネットでの注文の仕方が難しい場合も、コールセンターによるサポートが充実している会社がほとんどですので、安心して依頼できます。